« 2019年10月 | トップページ | 2020年3月 »

2019年11月に作成された記事

2019年11月30日 (土)

美樹の女装史⑦ 広がっていく女装外出(2017年ー)

セルフメイクに自信がついてくると、美樹の行動範囲はどんどん広がりました。

最初は夜しか外出しなかったのですが、度胸がついてくると
昼間も外出するようになりました。

明るいうちに新宿御苑に出かけてお散歩するのが楽しみになりました。
桜の季節は特に素敵です。

それから、美容院に行って、ウィッグをカットしてもらうようにもなりました。
女性のお客さまもいるところなのでかなりドキドキです。
美樹の行くところは、LGBTにも理解のあるお店なので助かっています。

ちなみににウィッグは、自分が被った状態でカットしてもらうのが絶対いいですよ。

浴衣にも挑戦するようになりました。
(自分では着付けできないのですが・・)

でも、一番行動が大胆に変わったの思うのは、
旅行に行けるようになったことです。

遠くへ出かけて、知らない街を散策する。
地元のレストランで食事をして、アウトレットに遊びに行く。
女性として訪れる観光地は、また違って見えるのが不思議です。

最近、一番はまっているのがお化粧です。
その話は、また今度・・・。

191104
新宿御苑の温室、明るいときにお出かけする度胸がつきました。

191110

クリスマスのイルミネーションがきれいな時期は外出が増えました。

191109

とある美容院での写真

191105

こんな温泉宿に泊まりました。お宿の人、親切にしてくださいました。

191106

温泉浴衣はもともと男女共用なのですが、女性として着ると
なぜか気分があがります。

191107

同じ土地を訪れても、B面の時とは違った感覚を受けます。

191108

軽井沢のアウトレット。どこへ行ってもお買い物は楽しいです。

191112

温泉地のレストランも最近はおしゃれです。
店員さんに撮っていただきました。

1901113

191111

最後の写真は新宿御苑です。女性として訪れる満開の桜、幸せな気分になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年11月23日 (土)

美樹の女装史⑥ セルフメイク始める(2015年ー)

白鳥エミリさんにメイクをしてもらって、そのあと一緒にお出かけを楽しむ。
そんなことを何回か繰り返しているうちに、だんだん自分でも化粧できるのではと
思い始めました。

外出でのガールズトークはすごく楽しいのですが、何週間も前から予約が必要ですし、
お休みもとらなければいけないので、年に数回しか女の子するチャンスがないんです。

自分で化粧できるようになれば、もっと女の子できるのではと思うようになりました。

その頃から、女装者向けにメイクレッスンをしてくれるところもだんだん増えてきました。
そんなところのサービスも利用しながら、メイクの手順を覚えていきました。

自分一人で化粧して、暗くなってから女装ロッカーの周りを少しだけ歩いてみたりもしました。
自分ではあまり肌がきれいな感じに仕上がらないと思ってたけど、そもそも新宿で夜歩いている人の
顔なんてみんなそれほど見ていないことに気づきました。

最初は、ルームの近所を散歩するだけでしたが、すぐに新宿三丁目のマルイあたりまで出かけ
られるようになりました。(化粧がうまくなっというより、度胸がついただけです。)

190914
これは、何度目かのセルフメイクの時だと思います。

190915
セルフメイクするようになって、マルイやルミネへ行く回数が増えました。

 

190916
クリスマスの季節、イルミネーションがきれいで女の子になっての外出は楽しいです。

 

190917
昼間に女の子になれた時は、よく新宿御苑へ行きます。お散歩が楽しい。

 

190918
レストランでケーキを食べる・・。だんだん大胆になりました。

 

190919
浴衣、着てみたかったんです。さすがに一人では着れず、iRoomさんのレンタルを利用しました。

 

190920
ルミネは一番よく行くお店です。
こんなウィッグにも挑戦。

 

190921

自分で化粧できるようになると、思い立ったときに女の子になれるだけでなく
行動範囲も広がってきます。

食事、映画、小旅行・・。
そしてついにはお泊り旅行をするまで行動範囲が広がっていきました。

 

 

 

 

 

« 2019年10月 | トップページ | 2020年3月 »