« 2019年4月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年5月に作成された記事

2019年5月21日 (火)

新着ウィッグたち

最近、立て続けにウィッグを買ったので紹介します。

 

一つ目は、アクアドールさんの、
「ヴィーナス小顔ブルーミングカール」です。

カタログ写真はこちら、

長さはやや短めのミディアム。カールがくしゅくしゅっとしてるのが
かわいいです。

美樹がつけた写真がこちらです。
色は黒に近いこげ茶にしました。
1905011

1905013

カタログ写真よりボリュームがなさそうですが、
美容院でカットしてもらっているためです。
(美容院でカットしてもらうと、より自然な感じになります。)

 

 

もう一つはリネアストリアの
「天使シリーズ、約束のボブ」です

カタログ写真はこちら、

このくらいの長さのボブのタレントさんも多いですよね。
例えば松岡茉優さんとか広瀬すずさんとか・・。

 

美樹がつけた写真がこちら、
やはり、美容院でカットしてもらっています。
1905014
1905015
横からだと太い首で男っぽくなっちゃいますが、
前からだと小顔効果がバツグンですね。


ボブは憧れでした。

美樹がウィッグのカットしてもらっているのは、
恵比寿にある「MINT」っていう美容室です。

みさきさんという美容師さんにカットしてもらっています。
腕前もさることながら、メイクのワンポイントアドバイスもしてくださる。
素敵な方です。


女装でも大丈夫なお店ですので、興味のある方はHPを見てくださいね。

 

 

 

 

 

2019年5月11日 (土)

美樹の女装史①

これから数回に分けて、美樹のこれまでの女装の歴史をまとめることにしました。

以前書いたことがあるのですが、美樹の初めての女装は、小学生(3年か4年だったと思います)
の時、母親の下着を身に着けてみたことにさかのぼります。

母親の寝室でブラジャーとパンティーを身に着けました。一度きりで
すぐに見つかってしまい、その後社会人になるまで女装の機会はありませんでした。

社会人になって一人暮らしをするようになってから、下半身女装をするようになりました。
当時亀井戸にあったエリザベス会館でスカートや下着を買って、自分の部屋で身に着けるのです。

当時は女性の下着を買うだけでもドキドキで、自分は変なんじゃないかと心配でした。

その後、一人暮らしをやめたので、服も処分し女装から遠ざかっていましたが、
どうしても我慢できなくなり、またエリザベス会館を訪れました。

初めてフル女装の自分の姿を見た時、自分も女性みたいになれるんだと感動しました。
それが忘れられなくて、もう15年以上も時々女の子に変身しています。

美樹の女装の楽しみ方も、だんだん変わってきています。
最初は、サロン内で楽しむだけでしたが、いろんなコーディネートでの撮影を楽しむために、
お店で服を買うために外出するようになりました、そのうち外出することが楽しくなり、
今では旅行までするようになりました。

美樹の女装年表

いつ頃 出来事 コメント
少年   母親の下着を身に着けてみる
1995 室内女装期 エリザベスでミニスカとか下着を買って家の中で女装する

1998
年ごろ
?

サロン女装期 はじめてエリザベスでフル女装する030701
2000
年代
前半

エリザべスに通う、「寺井美樹」と名乗る040616

2005 コーデ撮影期  bambina cafeへ行く050101_2
2006 初めて女装で外出
2007 ブログを始める071201
2008 ブログ1万ヒット、ブログをほぼ毎週書く
2009 ブログ3万ヒット、洋服を買うための外出が続く090704
2010 ブログ5万ヒット
2011 ブログ7万ヒット110703
2012  
2013 ブログ10万ヒット達成
サロン外出期 Salon Pixyへ行く131101
2014 ”女性同士”での外出で買い物、散策、食事を楽しむ
2015 セルフ外出期 初めてセルフメークで外出151021
2016  
2017 初めてのお泊り旅行170301
2018  
2019 190401現在
     

(続く)

 

2019年5月 6日 (月)

温泉旅行2019

この冬も温泉旅行する機会がありました。

出張のついでに一泊の温泉旅行です。

場所は、長野県のとある温泉地。
宿は2年前に泊まったところです。

Dscf3153

宿についたときは3時ごろ、その時はまだB面でした。
お着換え、お化粧をして夕食に出かけることにします。

宿を出るときに、宿のご主人と顔を合わせてしまいました。
美樹の姿にかなりビックリされてました。

でも、「ごめんなさいね、変なお客さんで」と美樹が言うと、
「いえいえ、大丈夫ですよ」と答えていただきました。
優しい宿の対応に感謝です。

実は2年前に泊まった時は、コートを宿に忘れて、駅まで
車で持ってきていただいたんです。
その時のお客だということは忘れているみたいでした。

温泉街の一角に素敵なレストランがあったので、そこで食事をすることにしました。
前来た時も素敵なお店だと思っていたのですが、その時は込んでいていけなかったんです。

 

お店で注文したのはチキンのグリル。ごはんとみそ汁のセットにしました。
バルサミコのソースなのですが、すごくおいしかったです。

190307_13_2

 

すごく雰囲気の良いお店だったので、お店の方にお願いして店内で写真を撮っていただきました。
厚かましいお願いかなと思ったのですが、店員さん、優しかったです。

190307_1_1

 

190307_3_1 

食事の後、宿で温泉浴衣に着替えて少しだけ散歩しました。
雪の降る夜だったので、観光客はまばらでした。

足湯のあるところで一休みしました。
ビニールシートで囲われていたので、そこだけは暖かでした。
少し足をつけてみたのですが、ビックリするほど熱くて、3秒もつけていられませんでした。

190307_4_1 

宿に戻って、露天風呂に行きました。
ここの露天風呂は宿の屋上にあって貸切にできます。

雪の日だったので、星はみえなっかったのが残念です。
でも、お湯はちょうどいい湯加減でした。

露天風呂を独り占め出来て贅沢でした・・。

190307_14

次の日の朝は、宿の朝食を食べました。
部屋食だったのですが、朝食の用意ができた時はお化粧がまだ途中だったので焦りました・・。
(お着換えもまだ、もちろん下着とかではなかったのですが・・。)

朝食は期待以上でした。暖かい食事が朝から食べられてよかったです。

190307_15

朝食を済ませ、着替えが終わった後、少しだけ朝の温泉街を散歩することにしました。
昨晩の雪がやんで、ちょうど晴れ間が出てきました。

190307_11_1

温泉街には古い建物がいっぱいあります。
なんだかタイムスリップしたみたい・・。蔵の前で写真を撮りました。

190307_9_1

今日のコーデは、パンツスタイルです。
足袋の時は身軽に動けるのがいいかな・・って。

帰りの新幹線の中での一枚です。

190307_10_1

東京についたのはお昼過ぎでした。
新宿御苑の近くで一枚・・。

190307_16

実は東京に早めに戻ったのは、美容院でてウィッグをカットしてもらうためだったんです。
その話はまた別の機会にしたいと思います。

参考までに、、

美樹の泊まったところは==>コチラ

レストランは==>コチラ

 

 

 

 

 

 

« 2019年4月 | トップページ | 2019年7月 »