« 女の子を満喫(2017/1) | トップページ | 初めての旅行(2) »

2017年3月26日 (日)

初めての旅行(1)

たまにしかブログを更新しなくなった寺井美樹です。
このブログも、誰に見せるわけでもなく、書いてます。
自分で化粧できるようになって以来、
コーデの紹介より、すっかり女装外出の日記となってますが、
今回は、外出の活動範囲が広がって、
ついに、お泊りで旅行することになりました!
我ながら、ずいぶん大胆になったものだわ。
<きっかけ>
きっかけは、ひょんなことから、長野に所用ができて、
しかも用事の後はフリーになったことです。
これはチャンス!
なんとなく思っていた女の子になって旅行したいという願いがかなうかも。
ネットで検索してると、女装して、旅行してる人たくさんいるんですもの。
女の子になって、
リゾートの列車に乗りたい・・・

Dscf3153

旅館にとまりたい・・・
1703012
浴衣で散歩したい・・・
温泉、できたら露天風呂に入りたい・・・
1703011 
リゾートで優雅にお買い物したい・・
いろんな、したい・・・が頭に浮かびます。

<宿探し>

さて、そうなったらまず宿泊地を決めなくては・・・。
長野あたりで温泉をさがすと、湯田中・渋温泉というのが目に入りました。
この地は、最近海外からの旅行者が増えているようです。
昔ながらの温泉地の雰囲気や温泉に入るお猿さんが、
海外の人にとても人気があるようです。
ひなびた温泉地というイメージだったのですが、
ずいぶんグローバル化が進んでいるようです。
海外からいろんな人が訪れる場所なら、女装の人だって受け入れてくれるのでは?
と根拠のない期待が・・。
そこで場所は湯田中・渋温泉にすることにし、その中で宿を探すことにしました。
海外の人が多く訪れるためか、宿泊プランも1泊2食ではなく、朝食のみや素泊まりのプランがあることがわかりました。
女の子で過ごすの目的なので、豪華な食事はいりません。
むしろ大事なのは、貸切風呂があることや、
トイレが付いた部屋があることです。
それに加えてリーズナブルであること。
それと他のお客と顔を合わせないですむこじんまりした宿。
できれば、女装でも温かく迎えてくれる宿。
(これだけは、行って見なければわからない・・)
条件に合う宿を探していて、見つけたのが、
「養田屋旅館」さんです。
一泊朝食付き、トイレつきのお部屋。
部屋数5つのこじんまりとした旅館。
お風呂はかけ流しの温泉。貸切可
なんといってもうれしくなったのは、
屋上に露天風呂あり!
24時間入浴可能。
露天風呂が貸切にできる温泉宿って、
高級なイメージですが、ここは
お値段もリーズナブルでした。
予約するとき、私のような変わったお客を歓迎してくれるかどうか、
やはり心配になりました。
 
宿へのメッセージに、
『他人に裸を見られるのが苦手なので、貸切のお風呂のある宿を
探しています』と加えました。
(続く)

« 女の子を満喫(2017/1) | トップページ | 初めての旅行(2) »

外出時のエピソード」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 女の子を満喫(2017/1) | トップページ | 初めての旅行(2) »