« 夏の終わりに:Day5 | トップページ | 夏の終わりに:Day6 »

2011年9月23日 (金)

2011夏の外出記(3)

(9月9日のブログの続きです)

さて、普段は家に戻ったら、お店で買ったお洋服とかを着て楽しむのですが、今回は夜にしては、わりと早い時間だったので、もう一度お着替えして出かけることにしました。

そのときのお洋服が、こちらのマキシワンピです。

1109223

マキシワンピは夏のリゾートの定番ですよね。街中でも着ている人を見ると、おしゃれな感じがします。皆さん、すごく涼しげに歩いてらっしゃいます。

今回、マキシワンピを一度着てみて、涼しげではなく、実際に涼しいんだってことがわかりました。

外出したのは8月の半ば、日中の最高気温は34度にもなる日でした。夜とはいえ。30度近くあったんじゃないかしら。でも、このマキシワンピは生地が薄いので夜風が涼しいんです。

ワンピの表地は細かい網目状の素材でよく透けます(写真の足元が透けているのがわかりますか)。裏地も薄くて、これも透けて見えるくらい薄いです。

この薄い二枚の布を通して、風が全身をなでていくのがわかります。熱帯夜なのですが、風は涼しく感じられ、いつまでも散歩していたいような感覚・・。

これははじめての体験でした。男性の服は、みんな生地がしっかりしていて風をさえぎってしまいます。また、服が汗を吸ってべったりと体にまとわりついたりします。

女性の服って、合理的にできているんですね。

マキシワンピで夜風に吹かれながら散歩を楽しんだ後、また家へ戻り、この日の女の子体験は終了しました。

今度女の子できるのは、たぶん冬になるでしょう。冬は冬でいろんなおしゃれができる楽しみがあるのですが、開放感ののある夏のお出かけも楽しいなって思います。

« 夏の終わりに:Day5 | トップページ | 夏の終わりに:Day6 »

外出時のエピソード」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 夏の終わりに:Day5 | トップページ | 夏の終わりに:Day6 »