« 秋色のカジュアル:day5 | トップページ | 秋色のカジュアル:day6 »

2010年10月 1日 (金)

脱毛体験記(1):きっかけ

こんにちは、美樹です。

外出の体験記ではないのですが、ひげ脱毛をすることにしたので、すこしずつ書いていきますね。

パートタイム女の子にとって、ひげの悩みは大きいです。
美樹の場合、男性としてもひげは濃いほうなので、お化粧するときは大変です。
ひげ隠し用のコンシーラーとかを使うのですが、なかなか隠せず、つい化粧が厚くなってしまいます。時間がたつとその厚い化粧からぽつぽつとおひげが飛び出してくるんです。そうなると男性だとバレてしまいますし、なんといっても見苦しいんです。

男性モードののときも、ひげの問題は厄介です。かみそりのほうがよく剃れるのですが、時間がかかるし、かみそり負けになってしまいます。だから普段は電気かみそりなんですが、それでも毎朝5分以上かかってしまう上に、そり残しが出てしまうんです。(そり残しをなくすためにはさらに5分くらいかかります。)

生まれてから今まで、ひげがあって良かったと思ったことは一度もなく、こんな面倒なものなければよいのにと思っていました。

そこで、思い切ってひげ脱毛することにしました。最近は技術も進んでいると聞きますし、若い人は脱毛する人も増えているようです。ちょっと冒険だけとチャレンジすることにしました。

1011253

まず決めなくてはいけないのは、どこで、どんな方法で脱毛するかです。

ネットで調べていたら、やっぱり医療機関で脱毛するほうが安心だと思いました。医療機関のほうが強力な機器を使いますし、いざトラブルになったときも対処してくれそうです。結局は安くつくと思いました。

次に、どんな方法で脱毛するかです。

脱毛の方法には、針による方法、レーザーによる方法などがあります。レーザーは比較的短時間で処理できるのですが、完全に脱毛するためには5-7回以上の回数かかるようでした。針による方法は確実なのですが、一本一本脱毛するので、手間と時間がかかります。そして針を刺す際に、ひげを少しのばしておく必要があるとのことでした。無精ひげのような状態で病院にいくんですって。

美樹は普段ひげを伸ばすわけにはいかないので、レーザーで脱毛することにしました。

レーザーにもいくつか種類があってアレキサンドライトとかダイオードが使われているようです。男性のひげにはどうやらダイオードが良いようです。

夏の終わりごろのある日、美樹はある美容専門の皮膚科をおとずれました。

« 秋色のカジュアル:day5 | トップページ | 秋色のカジュアル:day6 »

外出時のエピソード」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋色のカジュアル:day5 | トップページ | 秋色のカジュアル:day6 »