« 女装のきっかけ | トップページ | 女装ルームにはまる »

2007年10月 7日 (日)

女装ルームへ

女装ルームに入るのには、最初はすごく勇気がいりました。
だって、女装ルームって、店の奥のほうにあってどんな人がいるんだろうかと怖い感じがしていたからです。(もちろん、いったん入ってしまえば、皆さん優しい方ばかりでしたが。)

最初のフル女装でお世話になったのは、当時亀戸にあったエリザベスさんです。
服のサイズやどんな衣装を選んでよいかなど全然わからず、メイク担当の方にいろいろとアドバイスしていただいたのを覚えています。

化粧をした自分を見たのは、生まれてはじめてのことでした。想像していたよりずっと女性らしいかわいい顔になったことに驚きました。お部屋に入ると、数名の常連さんたちがきていました。はじめてだと伝えると、いろいろ気をつかってくれました。足のそろえ方が女性らしいとほめられたのが嬉しかったです。ほんの数時間でしたが、女の子になったんだという気持ちで過ごすことができました。

これ以来、美樹の女装のスタイルは、それまでの隠れて一人でする女装から、外出しても周囲に溶け込むような女装を目指すことへ次第に変わっていきました。。
とはいっても、フル女装1日目の美樹は、外出するなんてこれぽっちも考えていませんでした。第一、美樹という名前すらなかったんですから。

はじめてフル女装したときの写真は、残念ながら捨ててしまいました。
これは2回目のときのもの、場所はエリザベス新宿店さんです。
0410010

« 女装のきっかけ | トップページ | 女装ルームにはまる »

美樹の誕生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 女装ルームへ:

« 女装のきっかけ | トップページ | 女装ルームにはまる »